シドニー・ルメット

映画監督・演出家(アメリカ)。女優・脚本家であるジェニー・ルメットの父。数々の名作を生み出した映画界の巨匠として知られている。

監督を務めた代表的な作品に、「十二人の怒れる男」「オリエント急行殺人事件」などがある。特に、初めての劇映画としてメガホンを握った1957年の法廷サスペンス映画「十二人の怒れる男」は、アカデミー賞(監督賞)にノミネートされ、ベルリン国際映画祭・金熊賞を受賞するなど、世界的な映画監督として評価されるきっかけとなった作品である。

そのほかの作品には、「女優志願」「蛇皮の服を着た男」「夜への長い旅路」「橋からの眺め」「グッバイ・ヒーロー」「丘」「グループ」「未知への飛行」「盗聴作戦」「はるかなる南部」「セルピコ」「ネットワーク」「狼たちの午後」「ウィズ」「プリンス・オブ・シティ」「デストラップ・死の罠」「モーニングアフター」「ガルボトーク」「ファミリービジネス」「Q&A」「刑事エデン」「グロリア」「NY検事局」「コネクション – マフィアたちの法廷」「その土曜日、7時58分」などがある。

主な受賞歴に、上述したベルリン国際映画祭・金熊賞のほか、アカデミー賞(名誉賞)、ゴールデングローブ賞(監督賞)、全米監督協会賞(D・W・グリフィス賞)、ニューヨーク映画批評家協会賞(監督賞、生涯功労賞)、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(ビリー・ワイルダー賞、監督賞)、カンザスシティ映画批評家協会賞(監督賞)、ロサンゼルス映画批評家協会賞(作品賞、監督賞、生涯功労賞)などがある。そのほか、各賞におけるノミネートはさらに多数。

アメリカ合衆国・ニューヨークにある自宅にて死去。死因は、リンパ腫であった。86歳。

タイトルとURLをコピーしました