ゾーイ・コールドウェル

女優。オーストラリア出身。アメリカのブロードウェイを中心に、映画や演劇への出演など、幅広く活躍した。

1990年代の戯曲「マスター・クラス」にて、ソプラノ歌手である「マリア・カラス」役を演じたことで有名。その後、アメリカ演劇界において、最高の栄誉と称されるトニー賞を4回受賞するなど、活躍をつづけた。

その他の出演作品に、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」「丘の家のジェーン」「カイロの紫のバラ」「リロ・アンド・スティッチ」など。

自宅にて死去。パーキンソン病に伴う合併症のため。86歳。

タイトルとURLをコピーしました